東京にサロカリに行ったら美容師人生が変わった!!

こんばんは!

浜松街中隠れ家サロンal francの内山です。


先日東京へ行ってきました!
2108543c70e78fb98_m-1

やりたい事が色々溜まってて…

そのうっぷんを晴らすかの様に2日間動きまわってました!

歩き回ったおかげでスネが筋肉痛です。

ただでさえ弁慶の泣き所が更に泣き所です。

東京に行った一番の目的はこのブログでもちょくちょくでてくるサロカリ

13475206_1012086305574056_7316692979313969631_o

【サロカリとは?】

サロカリはヤドカリのように「サロンを借りる」の略称で、従来の”面貸し”とは違い美容師主体の考え方です。

ですがサロカリに参加しているプレイヤー(美容師)は、全国各地にあるパートナーサロン(美容室)を低価格でシンプルに使用することができます。

月ごとの契約もなく時間貸しなので、好きなときに、好きな場所を使えて、しかも道具はハサミ一つでオーケーです。

タオルもシャンプーもドライヤーもスタイリング剤もいりません。

プレイヤー自身が移動することで、離れたところに住む友達や家族を始め、転勤してしまったお客様など、今までは不可能だったあなたの大切な人への施術も可能になります。

また、妊娠出産を機に辞めてしまったママさん美容師など、一線を退いた方も使いたいときにだけ使うことができます。

場所に縛られていた今までよりももっと自由に、そして柔軟に美容師ライフを楽しむことができ、そして美容師の価値を上げていくコミュニティです。

https://sharesalon-salokari.amebaownd.com

今回は

一日目は東中野にあるALBAさんで

今までアルフランに通ってくれてたけど東京に転勤になった、

いつもプライベートな話題で盛り上がる

Aちゃんをカット&トリートメント

img_20161121_185011

久しぶりの彼女は正にネタの宝庫でした!!

慣れない場所に緊張しながらも終始楽しくやれました☆

ありがとう!!

そしてそのままちょっと早めのサロカリ忘年会へ…

僕は地方という事で、ほぼみんな初めましての状況の中

夜の街、新宿へ乗り込んでいきました

fb_img_1479905124595

img_1941

サロカリの皆さんはもうそれはそれは個性が強く、常に圧倒されてましたが…

気さくに話しかけてくれてすぐ輪に入れたし

めちゃくちゃおもしろかった!

仕事の話もみんなアツくて刺激を受けましたし、一人一人がその場を楽しもうっていう姿勢がモロにでてました!

勉強になりますね!

二次会、三次会と色々あってもうヘロヘロになりながらパートナーサロンnonoi松本さんのお家へイエカリしました(笑)

松本さん、お子様もいるのに快く泊めて下さりありがとうございます☆

そして二日目は高円寺にあるUp to youさんで

アルフランにずっと通ってくれていて、結婚で関東に住む事になった、

いつもアシスタントのAKIの恋愛相談にのってくれた

Kちゃんをカット、カラー、トリートメント

こんな遠く離れても話題になる、アシスタントのAkiの人間力をしみじみ感じながらやってました。

ウチのアシスタントの共感力はすごいんです!

1479804373731

右から

フリーランス美容師 たこいさん

Up to you代表 Junさん

サロカリ宣伝部長 平井クン

内山

Kちゃん

ちなみにその時のライブ配信をJunさんがしてくれました↓↓↓↓

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1152395691543116&id=100003180873478

僕のしどろもどろ感…

ここでも緊張しまくりました。

緊張して下ネタしかでないって。。。

まぁこんな感じでサロカリしていきました。

この二日間でサロカリを通じて色々な人と出会って話して、飲んで…

その人達と絡みながら大事なお客様をカットして笑顔で帰ってくれて

お客様がまたね!って言って手をふってくれて

キレイになった髪をなびかせながら、歩く後ろ姿を見送って

ホントにカットできてよかったなぁ〜って感傷に浸っちゃいますね。

こんな遠いトコロでも僕と彼女の関係性は変わってなくて、アルフランで施術してた続きみたいな感じ。

でもそれがいい!!

久しぶりの友達と会った時って昔のノリがすんなりでてくるじゃないですか。

それが楽しくて、当時の自分が感じた匂いが思い出されて更にその思い出が濃くなってく感じ。

それが人と人の絆を強めるのかなぁ〜なんてふと思いました。

まだ分からないですけどね!

死ぬ前に悟るでしょって思ってます。

でも今回東京でカットした思い出はいくら忘れっぽい僕でも忘れないだろうなぁ〜とも思います。

美容師人生のハイライトの一つには入ってくるでしょう、きっと。

この一歩はそれだけ大きい気がします。

スタイリストデビューした日ぐらいの衝撃です。

これからはどんだけ遠くに引っ越しても一生その人の髪と人生を共に歩める気がしてならないのです。

サロンワークの意義も高まったし、美容師としての価値も高まる。

http://junkuwabara.com/?p=9926

Junさんの記事

まだプレイヤー募集中らしいですよ!

そんな「でかい幸せの渦」に巻き込まれたい方は一歩踏み出してみて下さい。

そしたら渦の正体が分かるかもしれないです。